公園猫のアルバム

エルちゃん 私の公園猫の最後のお話 

呼ぶと さりげなく近づいてくることがある。
c0136846_1525789.jpg

 (2012.3.25撮影)

ずんずん。
c0136846_1526377.jpg

ずんずん。
c0136846_15262624.jpg


時々 サービスで(?)抱っこまでさせてくれた。

ある時はいくら呼んでも(気づいていても)来ない。
どっちかの犬歯が無くて
お口をとじるとちょっと曲がっていた。

穏やかでなつっこいエルは公園のアイドルだった。
多くの人に可愛がられた。

ある時など 某写真家の個展で エルの姿を見つけたこともある。

******
今日の散歩で久しぶりに公園の猫たちの様子を知っている方とお話しをした。
真っ先に最近ずっと姿を見ないエルについて尋ねてみた。


今年の冬はまた寒さが厳しかった。
エルも体調を崩して痩せていたようだった。

3月のある日
いつも姿を見せてくれていた柵の向こうの斜面に
動物愛護団体の人が、
冷たくなっていたエルを見つけた。
手厚く葬ってあげた、ということだった。

何歳くらいだったかなぁ。たぶん8歳くらい?
みんなに可愛がられたエルでした。

c0136846_15392927.jpg


これで ほんとうに、私の公園猫の話はお終いだな。


ところで
エルとの兄弟、オッチビはとうとうひとりになってしまった。がんばれ!

また、
エルたちにくっついて行動していた茶トラのタロウちゃんは
縄張り争いのケンカに負け、怪我をして亡くなった、ということだ。

亡きコケシとそっくり同じ模様の子を
公園で見かけることがある。

愛護団体の方々および 猫を愛する人たちの手で
公園の猫たちは今日も頑張っている。

エル、私たちを楽しませて和ませてくれて本当にありがとう。
あの、ふっかふかの抱き心地、わすれないよ~。
[PR]
# by green-cats | 2013-10-14 15:52

撮影終了のお知らせ

c0136846_21125278.jpg


ラストは大きく。
西公園と桜ヶ岡公園を結ぶ歩道橋で
じ~っと 待ってる猫が1匹。
これは 亡きこけしの血をひく子だろう。

多分、ご飯だと思う。


ここの猫たちは
いろいろな人に世話してもらったり
心配してもらったりしているようです。

猫へのスタンスは人様々ですね~。
それぞれ主義主張があって それについてディスカッションしても
どうなるものでもありません。
喧嘩になった、というのはよく聞く話。
特に 動物愛護を強く自認する人ほど
なかなか 他者の意見を是とすることが難しい傾向もあるようです。

広い視野と寛容の心、想像力をもった思いやりの精神で
お互いを尊重したいものだ、と思います。

私がここで猫たちを撮影することがいろいろな意味で
誤解を招きかねないので
愛護活動をする人たちを刺激しないためにも
当分 取り止めるものです。

また 本サイトからのリンクもはずしました。



K子ねいさん、いままでありがとうございました(多謝)。
猫たちと共にいつまでもお元気で。

それにしても
猫たちはほんとうにけなげ、そして可愛い。
[PR]
# by green-cats | 2011-01-13 06:07

あけまして おめでとう。猫たち。

c0136846_2038431.jpg


  少し遅めの時間に行ったら
公園には猫たちが結構いました。

猫好きの工事現場のおじさんたちがあげるご飯が
年末の休み中はもらえないのでしょう。

お腹をすかせて ご飯を待ちわびているのだろうと
想像してます。


↑ この寒い季節、
こうやって 暖をとってるんだな~と思われます。
[PR]
# by green-cats | 2011-01-01 20:42